SEO導入のガイドライン

既にSEOされているお客様へ

「インハウスでSEOを完結させたい」「思ったほど効果を実感できない」「アクセス数が少ない」「収益よりもコストがかかる」そう思われた方へ。

既にSEOされているお客様に見直しのポイントをお教えします。

社内でSEO対策をされているお客様へ

少しの期間SEOをしてみたが上手く結果を出せない。これから新規にトレーニングを行い自社内でSEO出来るようにしたい。検索エンジンからのトラフィックが落ちてきているとお悩みの方へ。

見直しポイント1
優秀なウェブマスターが育つまでの期間に空白が生まれませんか?

SEOの知識と経験を身に付け実践できるウェブマスターを育てるのはウェブサイト運用を強化する上でとても大切です。

しかし優秀なウェブマスターが育つまでの期間に、空白が生まれてしまうと機会損失が発生します。

機会損失を回避するために、専門家に業務委託してみませんか?

見直しポイント2
そのSEOは古い内容ではありませんか?

検索エンジンの成長に合わせSEO技術は進化しています。一昔前のSEOが今では有効ではない場合もあります。

strongタグによる過度な強調、隠しテキスト(text-indent: -9999px)など以前はSEOに有効なテクニックでしたが、今ではウェブサイトがスパムと判定されペナルティを受ける要因となっています。

古いSEOを続けるのはリスクが付きまといます。SEOの内容を見直して見ませんか?

SEO会社をご利用中のお客様へ

既にSEO会社と契約しているが、思っていたような成果が得られない。成果は出ているが費用対効果とあまりにも釣り合わないとお悩みの方へ。

見直しポイント1
コストと効果が釣り合っていますか?

支払っているコストに対して効果が取れてないようでしたら、現在の契約内容を見直しませんか?

SEOは結果が現れている時期がまばらであるため、ウェブサイトに対する投資という側面もあります。

現状のサービスを維持したまま、キーワード内容の見直しやプラン内容を再検討する事でコストダウンかもしれません。

既に他社SEOされているお客様サイトのお見積もりも受け付けておりますので、コストに対して疑問をもたれていましたらご相談下さい。

見直しポイント2
効果を実感で出来ていますか?

SEO契約を行うキーワードの選定が適切ではなかった、SEOを行うサイトが結果相性が悪かった場合には、上位表示されていてもコンバージョンには繋がりません。

上位表示を達成しても集客が見込めない場合は、SEOを行うキーワードを見直す必要があります。

お客様のサイトにとってもっとも相性の良いSEO戦略はどのようなものでしょうか?

既に他社SEOされているお客様サイトの調査依頼を受け付けております。現状の契約内容に対して疑問をもたれていましたらご相談下さい。

to coll

フォームからのお問い合わせ

フォームからのお申し込み